林林と絵本

わたしの山の精霊ものがたり

作:オトフリート・プロイスラー   絵:ヘルベルト・ホルツィング

”リューベツァール”という名前を軽々しく口にしてはいけない。

その土地の人間なら誰でも知っている。

神出鬼没の山の神様は

抜け目なく容赦なく、情深く温かで。

人々の、山に対する尊敬と畏怖と親しみと愛情が

山の精霊リューベツァールを生み出しました。

ヨーロッパの大山脈に伝わる民話です。

奥深い山国へ、歴史の記憶の中へ、

誘われます。

 

 

DSCN0876

 

 

プロイスラー 「わたしの山の精霊ものがたり」

出版社:さ・え・ら書房   参考価格:1,785円

悪魔の物語

作:ナタリー・バビット   

罪深き人間は地獄に堕ちる。

これは世界共通、昔からの決まりごと。

地獄で待っているのは悪魔。

堕ちてきた人間をいたぶるのが仕事です。

しかも残虐非道なこの悪魔、

ときどき人間界へ降りては 生きた人間を苦しめる。

正真正銘の悪魔です。

と思っているのは本人だけ。

読書好きで詩人のこの悪魔、つめが甘いのでご安心を。

どこか滑稽です。

 

 

DSCN0891

 

 

ナタリー・バビット 「悪魔の物語」

出版社:評論社   参考価格:1,200円

お姫さまとゴブリンの物語

作:ジョージ・マクドナルド   絵:アーサー・ヒューズ

高貴でしとやかだけでは 一流のお姫さまとはいえません。

強さと勇気があってこそのお姫さま。

友達を助けるためなら 一人暗い洞窟にだって潜ります。

これが1870年代のお姫さま。

鍵をにぎるのは

謎の女性と不思議な光と見えない糸。

古典の中に近未来さえ感じます。

 

カバー画は竹宮恵子ですが、

中の挿絵は原書のアーサー・ヒューズです。

 

 

DSCN0873

 

 

ジョージ・マクドナルド 「お姫さまとゴブリンの物語」

出版社:岩波書店   参考価格:798円

オフェリアと影の一座

作:ミヒャエル・エンデ   絵:フリードリヒ・ヘッヘルマン

誰のものでもない影

誰のものにもなりたくない影

オフェリアさんの部屋は影であふれて

たとえ大女優になれなくれも

ひそひそ変人扱いされても

オフェリアさんは幸せでした。

影の一座を引き連れて

終わらない舞台が幕を開けます。

 

 

DSCN0863

 

 

ミヒャエル・エンデ 「オフェリアと影の一座」

出版社:岩波書店   参考価格:1,785円

つばさをもらったライオン

作:クリス・コノヴァー   

たからものは? ときかれたら

金銀財宝  寄せ集めのガラクタ  小さな思い出

それぞれです。

でもね、 こども

  平和

世界中に共通する宝物ですよね

 

 

DSCN0858

 

 

クリス・コノヴァー 「つばさをもらったライオン」

出版社:ほるぷ出版   参考価格:1,575円