林林と絵本

ケニーのまど

作:モーリス・センダック   

私は、ケニーに手紙をかきました。

「ケニーさん、うちにはお宅のように 夢のまどがありません。」

ケニーは返事をくれました。

「世界中のどこにだってあるさ。」

 

そうですね、そうかもしれません。

でもね、私はあの7つのなぞなぞが 1つもとけなかったんです。

 

もう1度、ケニーからの手紙。

「ねがいごとは、いきたいところへ とちゅうまでいったのと おんなじなんだよ。」

 

 

DSCN0548

 

 

モーリス・センダック 「ケニーのまど」

出版社:冨山房   参考価格:1,260円

野ばら

作:小川 未明   絵:茂田井 武

ここに、優しくて懐かしい物語があります。

厳しい季節を乗り越えて

ひとつひとつが、空に向かって開いています。

力強い 

野ばらのように。

 

 

DSCN0544

 

 

小川未明 ・ 茂田井武 「野ばら」

出版社:童心社   初版:1982年12月   参考価格:1,575円

ふたり

作:瀬川 康男   

ねことねずみがおりました

  にたり

  ばさり

  どぶり

 

ことばは少ないほうがいい。

ふたりのあいだに 友情と愛情があるのだから。

 

 

DSCN0540

 

 

瀬川康男 「ふたり」

出版社:冨山房   初版:1981年9月   参考価格:1,470円

そら、にげろ

作:赤羽 末吉   

びっくりしたから逃げ出した

逃げたものは追いかける

海こえ山こえ 春夏秋冬追いかける

 

視覚で楽しむ絵本。

なので、文章をかえたり 掛け声をかえたり 何度でも楽しめます。

モダンな赤羽さんの絵がステキです。

 

 

DSCN0538

 

 

赤羽末吉 「そら、にげろ」

出版社:偕成社   初版:1978年11月   参考価格:1,680円

武井武雄

  絵:武井 武雄

ちいさな子どもは未来の原型、未来そのもの。

その、子どもの本に すべての情熱を注いだ人がいます。

「童画」ということばを残した 武井武雄。

明治生まれの彼が残した作品、

それ自体が ”子どもたち” ではないでしょうか。

”子どもたち” は過去から現代へ、

さらにその先の未来へと まっすぐ伸びてゆきます。

 

 

DSCN0532

 

 

武井武雄 子供之友原画集

出版社:婦人之友社   参考価格:3,780円

 
イベントなし