林林と絵本

キンダーブック 林林は絵本、児童書の専門店です。大阪の南森町にある小さな書店、ぜひいちど遊びにきてください。静かな通りにある古いビルの2階、やわらかな太陽光のもとでのんびりと絵本を選んでいると、とてもゆったりとした気分になります。

books1

books2

 

林林と絵本のコーナーでは、キンダーブック林林で取り扱っている本を紹介しています。世界中にある素敵な児童書、絵本。みなさんがその1冊の本と出会っていただけるきっかけになればいいなと思っています。


紹介している本は販売も行っています。たくさん在庫があるわけではないので、売り切れていることもありますが、気になる本があれば お電話 06-6809-5727 または、『お問い合わせ』ページからお申し込み下さい。

林林と絵本

ランパンパン

作:マギー・ダフ  再話   絵:ホセ・アルエゴ/アリアンヌ・ドウィ
訳:山口 文生

むかしむかし インドのおはなし

ランパンパン は勇ましい勇者の音

小さい者たちが権力に立ち向かう姿は

愉快痛快気分爽快!

まさか、クロドリの耳の中に仲間が潜んでいるとは、、、

誰が想像できるでしょうか!?

 

 

インド民話 「ランパンパン」

 

 

出版社:評論社   参考価格:1,296円

ピーターのてがみ

作:エズラ・ジャヤック・キーツ   
訳:木島始

あの子はぼくの誕生日会に来てくれるかな?

ぼくの誕生日会に女の子を呼んだら、みんなに笑われるかな?

 

こんな幼いドキドキ感は、きっとみんなが持っているもの。

 

大人にとっては懐かしい、そしていつでも甦ってくる

淡くて色褪せない心の記憶です☆

 

 

エズラ・ジャック・キーツ  「ピーターのてがみ」

 

 

出版社:偕成社   初版:1974年7月   参考価格:1,296円

うたいましょう おどりましょう

作:ベラB.ウイリアムズ   
訳:佐野洋子

家族のあたたかさ

街の人たちのあたたかさが

じんわりと心に浸み込んできます。

”大切な人のために何かしたい”

という想いは繋がって繋がって

大きな優しさになるのですね。

 

 

ベラB.ウイリアムズ  「うたいましょう おどりましょう」

出版社:あかね書房   参考価格:1,512円

ぼくたちが越してきた日からそいつはそこにいた

作:ローダ・レヴィーン   絵:エドワード・ゴーリー

そいつはそこにいた。

いつからいるのだろう?ずっと、そこにいた。

どうしてそこにいるのだろう?

なにかを待っているのかな?

ゴーリー的友情。

そこはかとない優しさ

 

 

エドワード・ゴーリー  「ぼくたちが越してきた日からそいつはそこにいた」

 

 

出版社:河出書房新社   参考価格:1,404円

エドワード・ゴーリー  憑かれたポットカバー

作:エドワード・ゴーリー   
訳:柴田元幸

クリスマスイブはもちろん一人で

嫌味のひとつでもマスコミに投書しようという、

そんな方にオススメ

ゴーリー的クリスマスは気色悪い気晴らしで

人並みに盛り上がったとさ。

 

 

エドワード・ゴーリー  「憑かれたポットカバー」

 

出版社:河出書房新社   参考価格:1,620円

 
小さなおはなし会
2017年10月28日
アニメの夕べ9
2017年11月18日