林林と絵本

キンダーブック 林林は絵本、児童書の専門店です。大阪の南森町にある小さな書店、ぜひいちど遊びにきてください。静かな通りにある古いビルの2階、やわらかな太陽光のもとでのんびりと絵本を選んでいると、とてもゆったりとした気分になります。

books1

books2

 

林林と絵本のコーナーでは、キンダーブック林林で取り扱っている本を紹介しています。世界中にある素敵な児童書、絵本。みなさんがその1冊の本と出会っていただけるきっかけになればいいなと思っています。


紹介している本は販売も行っています。たくさん在庫があるわけではないので、売り切れていることもありますが、気になる本があれば お電話 06-6809-5727 または、『お問い合わせ』ページからお申し込み下さい。

林林と絵本

パリのおつきさま

作:シャーロット・ゾロトウ   絵:(写真)タナ・ホーバン
訳:みらい なな

セーヌ川のかがやき

空にかかる大きな虹

街中に花があふれて

そこに暮らす人々はとても自然体

パリで見つけたたくさんの”すてきなもの”

いちばんすてきなものは、なあに?

 

 

シャーロット・ゾロトウ  「パリのおつきさま」

出版社:童話屋   初版:1993年10月   参考価格:1,728円

くまごろうのだいぼうけん

作:ブライアン・ワイルドスミス   
訳:新井満

おやおや、茶色の毛をしたかわいいクマが

こんなところでスヤスヤ眠っています。

それが気球だなんて、クマのくまごろうにわかるはずないもんね。

これから始まる大冒険のことも知らずに

とても気持ちよさそうです。

ほらほら、早く起きないと、

虹色の気球がゆらりゆらり浮かんでいくよ!

 

 

DSCN4918

出版社:教育画劇   参考価格:1,404円

こぎつね せかいのはてへ ゆく

作:アン・トムパート   絵:ジョン・ウォールナー
訳:ほしかわ なつこ

「いつかきっと」と女の子は言いました。

「世界の果てへ行くのよ!」

世界の果てはそれはそれは遠くて

沈みかけたり流されたり食べられそうになったり

危ないことばっかりだけど、ぜんぜん平気!

勇敢な女の子とそれを見守るお母さん。女は度胸!

 

 

アン・トムパート 「ごぎつね せかいのはてへ ゆく」

出版社:童話館出版   参考価格:1,566円

長 新太  なんじゃもんじゃ博士

作:長 新太   

博士とゾウアザラシの奇妙ヘンテコな旅は

ニューッとか、ドシーンとか、ゴロゴロゴロとか

ドキドキハラハラの旅なんだけど

な~んか、ユルユルなのよネ。

長さんのナンセンスマンガは、な~んでか脱力、

なのよネ。

 

 

長 新太  「なんじゃもんじゃ博士」

出版社:福音館書店   初版:2003年10月   参考価格:1,080円

坂崎千春  ペンギンゴコロ

作:さかざきちはる   

黒と白にはちゃんと意味があるのよ

あの奇妙な仕草にも深ーい想いがあるのさ

いいことがあれば悪いこともある

迷う時だってあれば、飛ぶことだってできる

胸がキュンとなってそして元気になる

そんなペンギンゴコロです。

 

 

坂崎千春  「ペンギンゴコロ」

出版社:文溪堂   初版:1998年3月   参考価格:1,296円

 
✿春の発表会✿
2017年4月22日
5月の朗読サークル
2017年5月13日