林林と絵本

エロイーサと虫たち

作:ハイロ・ブイトラゴ   絵:ラファエル・ジョクテング
訳:宇野和美

故郷から遠く離れた見知らぬ町は、

不安で心細くて・・・・

それでも少女は、

この町で生きていくことを学びました。

 

コロンビア生まれのこの絵本は

難民の現状を伝える絵本として

多くの人たちに親しまれています。

 

 

ハイロ・ブイトラゴ  「エロイーサと虫たち」

 

 

出版社:さえら書房   初版:2011年9月   参考価格:1,404円

世界一ばかなわたしのネコ

作:ジル・バシュレ   
訳:いせひでこ

鼻が長いからといって、決してゾウではありません。

ネコです。完全なネコです。

ほんとうに、ネコですよ。

世界一ばかなネコだけど、

世界一かわいい

世界に一頭だけのわたしのネコ!

 

 

ジル・バシュレ  「世界一ばかなわたしのネコ」

出版社:平凡社   初版:2008年5月   参考価格:1,728円

かぜ

作:イブ・スパング・オルセン   
訳:ひだに れいこ

風が吹くと、追いかけたくなる。

風は不思議

姿は見えないけれどそこにいる

言葉はないけれどおしゃべりしてる

風が吹くと、風を想う

風を想うとき、心は世界を駆け巡る!

 

 

イブ・スパング・オルセン  「かぜ」

 

 

 

出版社:亜紀書房   参考価格:1,404円

コウテイペンギン

作:ヨハンナ・ジョンストン   絵:レナード・ワイスガード
訳:こみや ゆう

なぜ?どうして?

わざわざそんなところで⁉

と言いたくなるほど

コウテイペンギンの生態は驚くことばかり。

南極大陸の吹雪のなか

立ったまま卵を温め続ける姿は

もう、 ”神”  ですね。

 

 

レナード・ワイスガード  「コウテイペンギン」

出版社:好学社   参考価格:1,728円

かたつむりハウス

作:アラン・アールバーグ   絵:ジリアン・タイラー
訳:おかだよしえ

草むらをゆっくりゆっくり動くかたつむり。

もしも豆粒ほどの小人になって、

かたつむりの殻の中に住むことができたら、

それはとても小さな動く家。

どんな冒険が待っているのか

考えただけで、ゾクゾクします!

 

 

アラン・アールバーグ  「かたつむりハウス」

出版社:評論社   初版:2000年10月   参考価格:1,404円

 
イベントなし