林林と絵本

オーロラの雪

作:リーッタ・ヤロネン   絵:クリスティーナ・ロウヒ
訳:稲垣美晴

しんしんと静かな森の中にひとりきり。

女の子の胸の中に

いろいろなことが浮かんできます。

お父さんを亡くした女の子の成長が

白い雪のように清々しく

燃えるようなオーロラは

力強く生きていく女の子の姿そのものです。

 

 

リーッタ・ヤロネン  「オーロラの雪」

 

出版社:猫の言葉社   初版:2013年1月   

ゆきのあさ

作:ステフィ・ブロコリ   

降り積もった雪

白い世界には

足跡が見えるだけ。

その足跡をたどってみると・・・・

 

白くて美しい本

静かでにぎやか

ぽっ、とあったかい気持ちに♪

 

 

ステフィ・ブロコリ  「ゆきのあさ」

出版社:アノニマ・スタジオ   参考価格:1,944円

こいぬのうんち

作:クォン・ジョンセン   絵:チョン・スンガク
訳:ピョン・キジャ

せっかく生まれてきたのに、

なんの役にも立たないゴミのような存在⁉

だれにも必要とされない人生なんて・・・

 

いえいえ、無駄な命なんてありません。

たとえ子犬のうんちでも

必要としてくれるものがいる。待っているものがいる。

子犬のうんちで

輝く命がある!

 

 

チョン・スンガク  「こいぬのうんち」

 

出版社:平凡社   初版:2000年9月   参考価格:1,620円

エロイーサと虫たち

作:ハイロ・ブイトラゴ   絵:ラファエル・ジョクテング
訳:宇野和美

故郷から遠く離れた見知らぬ町は、

不安で心細くて・・・・

それでも少女は、

この町で生きていくことを学びました。

 

コロンビア生まれのこの絵本は

難民の現状を伝える絵本として

多くの人たちに親しまれています。

 

 

ハイロ・ブイトラゴ  「エロイーサと虫たち」

 

 

出版社:さえら書房   初版:2011年9月   参考価格:1,404円

世界一ばかなわたしのネコ

作:ジル・バシュレ   
訳:いせひでこ

鼻が長いからといって、決してゾウではありません。

ネコです。完全なネコです。

ほんとうに、ネコですよ。

世界一ばかなネコだけど、

世界一かわいい

世界に一頭だけのわたしのネコ!

 

 

ジル・バシュレ  「世界一ばかなわたしのネコ」

出版社:平凡社   初版:2008年5月   参考価格:1,728円

 
イベントなし